スポンサーリンク

【ガンプラレビュー】『SDガンダムEX-STANDARD』 XXXG-00W0 「ウイングガンダムゼロ」

ガンプラレビュー
スポンサーリンク

(2021年10月11日更新)

こんにちわ、「おきちゃんのガンプラ堂」です。

今回は2021年09月25日に発売された、『SDガンダムEX-STANDARD』 XXXG-00W0 「ウイングガンダムゼロ」レビュー記事です。

スポンサーリンク

『SDガンダムEX-STANDARD』「ウイングガンダムゼロ」パッケージイラスト+組み立て説明書紹介

『SDガンダムEX-STANDARD』「ウイングガンダムゼロ」 のパッケージイラストなどを紹介していきます。

パッケージイラスト

ウイングガンダムゼロ パッケージイラスト

上の画像は「ウイングガンダムゼロ」のパッケージイラスト正面です。

ツインバスターライフルを発射する「ウイングガンダムゼロ」のイラストです。

パッケージ側面1

パッケージ側面には「ウイングガンダムゼロ」の決めポーズなどがずらりと並びます。

パッケージ側面2
パッケージ側面3

「ウイングガンダムゼロ」に付属する武器やバックパックを組合わせて、他のガンプラに流用可能だということが、写真で紹介されています。


組み立て説明書

組み立て説明書 表

SD「ウイングガンダムゼロ」の組み立て説明書です。

右下の英語表記がかっこいいですね。

組み立て説明書 裏面

組み立て説明書、裏面には武器の説明&ポーズ集やカスタマイズの写真、塗装見本が載っています。


ランナー+ホイルシール

「ウイングガンダムゼロ」に付属するホイルシールです。

キットの色分けは大部分が、ホイルシールを使用します。

ピンセットを使う精密作業のため、かなりしんどかったです。(笑)

でも頑張って貼るとカッコよく仕上がりますよ。♪

ホイルシール
ランナー1
ランナー2

ウイングガンダムゼロのパーツは主に白、赤、青のトリコロールカラーで色分けされています。


『SDガンダムEX-STANDARD』 「ウイングガンダムゼロ」のプロポーションや可動範囲の紹介

ウイングガンダムゼロのプロポーションや可動範囲を紹介していきます。

プロポーション

ホイルシールを使用した後の「ウイングガンダムゼロ」のプロポーション画像です。

プロポーション正面

SD「ウイングガンダムゼロ」は全体的に良くまとまったプロポーションだと感じます。

ヒザは動きませんが、足首が可動するので、接地性は高めです。

プロポーション横
ウイングガンダムゼロ 後ろ姿

武装などの付属品

ウイングガンダムゼロの武装は

  • ツインバスターライフル×1
  • シールド×1
  • バックパック×1

の三つです。

ウイングガンダムゼロ付属品
ウイングガンダムゼロ完全装備

ツインバスターライフルは体と比べるとかなり大きいことがわかります。


可動範囲(頭部)

ウイングガンダムゼロの可動範囲をみていきたいと思います。

ウイングガンダムゼロ頭部可動範囲

頭部上への可動は少し見上げることができることができます。

ウイングガンダムゼロ頭部可動範囲

頭部下はがっつり下へ向けることができます。

ウイングガンダムゼロ頭部可動範囲

横の可動範囲は問題なく動かせます。

ウイングガンダムゼロの可動範囲は、頭部の上を見上げる動きが、少し苦手かなと感じました。


可動範囲(腕や脚など)

「ウイングガンダムゼロ」の可動範囲(腕や足など)をみていきたいと思います。

 腕の可動範囲

昔のSDガンダムキットには肘は曲がらない仕様でしたが、今のSDキットは肘が曲がることに驚きました。

ウイングガンダムゼロも肘が曲がる仕様になっています。

手首も少しですが可動します。

 肩の可動範囲

肩は内側にスイング可能ですね。

この肩の可動によりアクションポーズに幅を持たせることができます。

脚の可動範囲

脚の可動範囲はフロントアーマーに干渉するため、あまり広くはありませんが、接地性は優秀です。

脚の可動範囲2

脚の横に対する開き具合も、腰アーマーに干渉してしまうため、あまり広くはありませんでした。


バックパックの可動範囲

ウイングガンダムゼロのバックパックの可動範囲をご紹介します。

バックパックの可動範囲1
バックパックの可動範囲2

バックパックのウイングは横に広く広げることが可能です。

バックパックの可動範囲3

バックパックの羽は四枚羽に変化させることもできます。


『SDガンダムEX-STANDARD』「ウイングガンダムゼロ」武装集

ツインバスターライフル

ウイングガンダムゼロのツインバスターライフルは、体のサイズと比べるとかなり大きいですね。

成型色は青一色のみなので、付属のホイルシールで色分けしています。

ツインバスターライフル
ビームサーベル+シールド

ビームサーベルは成型色の白一色のみで、塗装が必須となっています。

ビームサーベルの色は、ガンダムマーカーのルミナスグリーンなどで塗装すると映えるかもしれません。

シールドも白の成型色のみなので、付属のホイルシールで色分けしています。

ツインバスターライフル+シールド+バックパック

ウイングガンダムゼロの武装

  • ツインバスターライフル
  • シールド
  • バックパック

の三つを合体させると、一つの合体武器にさせることもできます。

他のHGキットなどに装備させて楽しむこともできますよ。


おわりに

『SDガンダムEX-STANDARD』「ウイングガンダムゼロ」 のレビューいかがだったでしょうか?

久しぶりにSDガンダムキットを組んだのですが、肘が曲がることに少し感動してしまいました。

30年前のSDガンダムと比べると、可動範囲は着実に進歩しているんですね。

ただすこし「うーん…」と感じた点は、

付属のホイルシールの数の多さには少し、げんなりしてしまいました。

色分けが付属のホイルシールで再現しているため、貼るシール数がとにかく多いですね。

貼る作業が楽しめる人は苦痛にはならないでしょうが、ピンセットを使う精密作業のため僕はかなり気をつかいました。

あとツインバスターライフルが大きすぎるかな?とも感じました。

もう少し小振りでも良かったかなと思います。

プロポーションや接地性は優秀ですし、価格も安いので結果的には満足度の高いキットだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥527 (2022/10/01 11:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました